www.loganvillagesettlersday.com

予想外に突然起こるのが車の事故です。ここでどう対応した内容が原因となり、保険金の支払いもかなり大きく変化する時もあるので正確な判断力と対策が大切です。考えもしない出来事に出会って平静さを失ってしまったら必要不可欠な対応を逃してしまい、それからあなたがとても大きな損をしてしまう時も予測できるので自動車事故を起こした場合は的確に以下に述べる処理を行います。事故をした場合に最も初めにするべきは怪我をした方の確認です。後は訳が分からず喪心状態になってしまう場面があり直ちに動けないのが現実です。ですので、負傷した方がいたとしたら安全な場所に運んでから応急手当して、周囲に助けを求めるなどを行い怪我人第一に努める必要があります。119番に電話をする場面では明確な位置を告げて、分かりにくい状況では付近の分かり易いお店や場所名を伝えて事故の位置が分かってもらえるようにします。その後警察に通報し車の事故が発生したこと、そして現状を知らせます。救急車とパトカーが来るのを待つ間に負傷者の事を聞きます。姓名、TEL番免許証、事故相手の自動車保険会社のようなそれぞれの内容を教えます。この場面で事故の相手方に不手際がある場合事故現場で結論を出そうとするケースがありますがうやむやにするのではなくどういうケースだったにせよ110番や自動車保険会社に知らせて、調べてもらうようにしましょう。お互いの連絡先を交換したら他の車のじゃまになるのを避けるために邪魔な物を道からどかします。万一障害となった物が誰かの車の障害物になっている時には情報の交換をする以前にこれを行ってしまっても構いません。次にあなたの入っている自動車保険の会社に電話を入れ車での事故があった旨を告げます。車での事故から一定期間の間に自動車保険会社に連絡しておかないと、交通事故の保険の適用外となるケースも考えられるので時をおかずに行うことが必要です。出来たら現場の手がかりとしてコンパクトカメラや携帯等を用いて現場や車の破損の様子の写真を残しておきます。その写真は過失がどのくらいあるのか決定するかなり重要な証明となるので、自らの車や先方のクルマの破損箇所をちゃんと手がかりとして残しておきましょう。この場面で目撃した人がいたのなら警察の人や保険会社が到着するまで事故の現場にそのまま待機してもらえるようにお願いするのも重要です。

Link

Copyright © 1996 www.loganvillagesettlersday.com All Rights Reserved.