www.loganvillagesettlersday.com

自動車事故は、自分だけで起こした事故と誰か他の人が関わった事故があります。自分だけの事故の場合には、あなたが事故対応をしたら終了となりますが、自分以外が関わった自動車の事故はお互いにどのような手落ちがあったのかを調査してそれにより愛車の修復のお金が示談金が決定しますので保険会社の担当者を交えながらのやり取りが不可欠です。大部分の車での事故のケースでお互いにちょっとは落ち度がある状況が多数でどちらか一方だけの落ち度を追及する場面は多くありません。信号無視や一旦停止無視などの交通違反によって起きた事故は多大なミスになりますが被害者にも手落ちがあると指摘されます。自動車の事故の時にはどの人のミスで起きたのかという決着がとても大切になるのでその判断を分かりやすく表した基準が「過失割合」(過失割合)となります。ひとつの例として、先ほどの信号を無視してしまったり一時停止でもそのまま進んだ状況では、法律のルール上相手方にすべての過失があるように考えられますが、その場面で事故の原因になった自動車が被害者の前方から来ていて自分の目で確認された状態だとすると事故の被害者でも注意不足があるとして1割程度の間違いが指摘される時もあります。この場合では相手9割、事故に巻き込まれた方が1割過失割合となって責任が大きな側に責任が問われる状況になります。もっといえばこの過失割合は前の事故の判例を基準に決められる場合が大半で日弁連の交通事故相談センターから公表されている過失割合認定基準表等が元として利用されます。このような過失割合の、割り当てが大きいほど手違い結論として賠償金も大きくなると考えられるので、話し合いは事故に巻き込まれた人だけでなく車の保険の係りの方に参加してもらってきっちりとやり取りすることが大事です。

Link

Copyright © 1996 www.loganvillagesettlersday.com All Rights Reserved.