www.loganvillagesettlersday.com

予測せず急に出あってしまうのが自動車事故です。そこでどんな行動する結果が原因となり、自動車保険金の支払額も相当大きく差が出ることも想像されますので正しい判断力と対応が重要です。想像も出来ないハプニングに動揺してしまえば重大な工程を見失ってしまい、この先自身がとても大きな損をしてしまう時もあるので車の事故を起こしてしまった場合は正確に次に述べる対処をします。事故の遭遇したケースでまずするべきは負傷者の状況を確認する必要があります。事故の後すぐは呆然としてしまうケースがありなかなか対応できないのが普通です。ですので、怪我をした方がいたら安全が確認された場所に運んで応急な手当を行い救急車を呼ぶ等して怪我人第一に努めることが大切です。119番に連絡する場面では正しい事故があった場所を知らせ良く分からない場面では周辺の分かり易い建造物や番地名を告げて事故の場所が判断できるようにします。次に警察署へ知らせて、交通事故を起こしてしまった事と簡単な状況を告げます。救急車と警察の到着を待つ間に相手側の事を調べます。姓名、住んでいるところ、電話番号、免許証番号、ナンバープレート、相手の自動車保険の会社名と言った各々の身元を伝えます。相手に不手際がある場合、事故現場でやり取りしようとする場合がよくありますが事故現場で片付けるのではなくどういった場合だったにせよ警察や自動車保険の会社に届け出て、ちゃんと判断してもらうことが重要です。関係者の内容をやり取りしたら他の交通の障害にならないために妨げになる物道路から取り去ります。もし障害となった物が他の妨げになっている状態では、互いの情報を交換するより先にこの対応を終わらせてしまっても問題ありません。そして自分自身の入っている自動車保険の会社に電話を入れ、自動車事故が発生したことを電話します。一定時間内で保険屋さんに連絡を入れないと、交通事故の保険の適用除外とされる状況もありますので時間が出来たら遅れることなく行うことが欠かせません。さらに交通事故の形跡として携帯などを使って状況や事故車の破損の様子の写真を撮っておきます。これは過失の割合決定する際にかなり大きなデータとなりますので、自分自身の自動車や相手のクルマの壊れた箇所を全部写真に残しておくことが重要です。その際に見た人がいれば警察の人や保険屋さんの人が辿り着くまでその場にいてもらうように頼むのも必要不可欠です。

Link

Copyright © 1996 www.loganvillagesettlersday.com All Rights Reserved.