www.loganvillagesettlersday.com

事故があった際自分自身が車の事故の被害者であっても事故を起こした相手が過ちをちっとも受け入れない場面はかなりみられます。ひとつの例として、意識的に起したのではなく少し他のことに気がいったことで乗っていた車を当てられた時などにそうした押し問答にうつってしまう場合があります。とは言って事故現場で自動車のみの損害対応され、数ヵ月後に体の痛みが現れた時に行った病院の証拠書類を警察署に提出するということは対応が遅くなる感じはしょうがなくなります。それなら、自動車での事故の過失割合の結論にはどういう風な判定基準があるのでしょうか?しっかりと説明しますと、警察署が判断するのは主として自動車の事故の大きな過失が存在するのは関係したドライバーのどちらかという責任の所在であり、過失の割合がどうなのかではありません。さらに言えば、決められた過失が認められた人が警察署から公表される場面は有り得ません。このため、過失割合は当事者の話し合いの結果により決められ、この結果が損害賠償の算定の基準と判断されます。その場合に、両方が任意に加入する自動車保険に加入をしていなかった場合には、本人同士が直接的に交渉することしかできません。当たり前ですがこういう交渉では、短絡的なやり合いになる可能性が高くなります。その上、お互いの意見に相違があればまかり間違うと、係争になりますが、この場合大切な時間とコストとても大きな負担となります。そこで一般的には事故に関係するドライバーに付随する自動車の保険会社、このように各々の自動車の保険屋さんに話し合いを委任する手法を使って、相応しい割合を客観的に決定させます。そのような時には自動車の保険会社は、過去の自動車の事故の訴訟の結果から導き出された判断材料、判断例などを参考に予想と協議をして割合を計算します。と言いつつも事故においては遭ったのか巻き込んでしまったのかの如何を問わず、まず110番に連絡するのがルールです。その後自動車の保険の会社に連絡を取り、対応を頼むのが順番となります。状況に応じた手順さえ理解していれば、それぞれの不毛な話し合いとなる状態を回避できます。

Link

Copyright © 1996 www.loganvillagesettlersday.com All Rights Reserved.