www.loganvillagesettlersday.com

乗用車の「全損」とは名称通り全てが壊れてしまったことで、結果的に走れないように自動車としての働きを果たさなくなった場合に使用されますが、自動車保険で決められている【全損】は少し同様ではない意味合いがあったりします。車の保険では車が破壊された状況で『全損と分損』などと2つの状況に振り分けられ、【分損】は修理のお金が保険金でおさまる場面を言い表し、反対に《全損》とは修復費が保険額を超える状態を表現します。通常では、乗用車の修復で全損と言われるとエンジンに修復できない打撃があったり乗用車のフレームが変形して修繕が無理な場合再利用か処分となるのが普通です。交通事故が発生して修理業者や自動車の保険屋さんがかかる修復のお金を予測した場面で見た目がしっかりとして元に戻すことが可能である場合でも修復の費用が補償よりも大きかったらそもそもなんで乗用車の保険お金を負担しているのか分からなくなってしまいます。このような場面では(全損)と結論付けて愛車の権利を自動車の保険屋さんに譲渡して保険金を頂く事になっています。当たり前ですがそれなりの期間使用した車で未練があり自分でお金を出して修復して使いたいとおっしゃる人はたくさんいらっしゃいますから状況によって自動車の保険屋さんと相談するといいのかもしれません。さらに、車の保険ではこのような場面が考えられていて特約など全損の際に特約つけているところが多々あり万一自分の車が《全損》なったケースでも新車購入などの経費を多少なりとも払ってくれる場面も存在したりします。そして盗まれた場合の補償額の特約をつけているならば盗難にあった愛車が見つからないケースでも(全損)と判断され、保険金が支払われる仕組みになっているのです。

Link

Copyright © 1996 www.loganvillagesettlersday.com All Rights Reserved.